【3月16日海外就職面談会後記】インド就職の波が来てる!?キーワードは海外で「キャリアチェンジ」

JAC Recruitmentでは、3月16日(土)GJJ社と共同で海外就職面談会を開催いたしました。

インド初め各国のコンサルタントが東京本社に集結し、海外就職志す方がたとお話しし、情報提供とともに今後のキャリア形成を一緒に考えさせていただきました!!!

当日はなんと計50名を超える方にご参加いただき、インドのブースにも20名を超える方にお越しいただけました!!!インド就職を海外就職の選択肢の一つとしている方が、年々増加していることを肌で感じています。

ここでは、個別面談会にいらした候補者の方の傾向、およびインド人材コンサルの福岡が肌で感じたインド就職候補者の変化をまとめました。

ちょっと自己紹介…

今回、日本での個別面談会にインドより参加した福岡と申します。東大卒業後、バックパッカーを経て就職。本当にやりたいことを実現するために現在インドで人材コンサルタントに従事しています。



わたしのインド就職への経緯について、もしご興味がある方はこちらの記事をご覧ください。

【解体新書】JAC Recruitment India 人材コンサルタント<福岡編 その1>


インド就職希望者の属性

それでは、早速ですが、今回の個別面談会に参加された方々がどんな属性からご紹介していきます。
年齢は、20代〜30代前半の方が80%を占めています。将来のキャリアを見据え、海外就職を希望される方は若手に多い傾向にあります。

 



次に男女比率です。



今回の面談会では、女性比率がやや多めとなりました。近年、インドで海外就職を実現されている女性は約半数をキープしていることもあり「インド=女性には危険」というフィルターがなくなりつつあります。実際に、都市部のオフィスエリアや住居エリアはセキュリティがしっかりしているところが多く、普通の生活をしている分には、危険にさらされることは全くありません。

インド就職希望者の目的の変化

今回、面談をさせていただく中で、候補者の方のインド就職に期待する目的にある一つの特徴的な変化がありました。

「世界中で活躍できる人材になりたい!」「仕事の幅を広げたい」という目的はこれまでも多くいらっしゃいました。しかし、今回変化を感じたのはキャリアチェンジ」を目的としたインド就職希望者が増えている



実は、インド市場は、現在かなりの売り手市場。日系企業は、喉から手がでるほど優秀な現地採用者を求めています。ある一定のビジネスの経験と素養があれば、その職種に特化した経験がなくても雇用したい!これが本音です。

そんな背景から、インド就職では、キャリアチェンジがしやすいのです。というか、海外でキャリアチェンジが可能な国はインドとxxx くらいではないでしょうか。英語圏となると、もはやインドしかないのが現状です。

以上!簡単ではありますが、個別面談会の模様をご紹介させていただきました。売り手市場であるインドでのキャリアチェンジ!ご紹介できる求人も多くあります。ご興味がある方は、お気軽にご相談ください。

インド就職のご相談



▼次回、オンラインセミナーのご案内はこちら▼

【海外就職セミナー】世界で生き残れる営業マンになる方法 ~インド就職という選択~ 

【海外就職セミナー】世界で生き残れる営業マンになる方法 ~インド就職という選択~