インド転職から大学助教へ?!胸に秘めたファッションへの熱き思いを語る!

インドで働く人インタビューシリーズ、今回は以前インドにてアパレル関連のお仕事に従事されており、現在は日本で文化ファッション大学院大学の助教を務めていらっしゃいます久保寺さんにインタビューを行いました! ファッション業界に強く魅了された どういった経緯で海外就職に至ったんですか? 幼い頃からファッションに対しての興味が強かったです。ただ、両親の意向もあって進学時には4年制大学を選びました。大学では服装社会学や西洋服飾史を専攻していたので、実際に洋服が作れるようになりたいという思いが生まれ、3年時からダブルスクールで服飾系の専門学校に3年間通いました。その後更なる知識欲が生まれ、大学院大学という形で修士をとるに至っております。 4年制大学、服飾系専門学校、大学院を経て、国内で大手アパレルメーカーに就職し、開発MD(マーチャンダイザー)として仕事をしておりました。実は、商品を作るにあたって企画側のデザイナーと発注側のマーチャンダイザーの間では、情報乖離などが結構多く、そこを上手く繋いであげるというのが役目でした。 実際、デザイナーとともにシーズンの企画を進めたり、それを店頭でどのように表現するかなどブランドの全体を一貫して見られたことは非常に勉強になりましたし、やりがいを感じました。 そこで約4年の経験を経て、同じ業界でも、より生産者側に近い場所で働きたいなという思いや、日本のファッション業界にある問題意識などに駆られました。 予てより自身の海外旅行好きや海外のファションや文化への興味、英語力の向上の必要性を感じていたことから、その時にすべてがマッチしてベクトルが海外に向いたような流れでした。 どうしてインドだったんですか? 本当はファッションの本場ヨーロッパで学べたら、仕事ができたらとは思いました…ただ、それはやはり私自身にとって少しハードルが高かったんです。 そうすると、次の選択肢としてアジアに目を向けることになるんですが、アジアの製造工場となると、やはり注目するのは中国かインドでした。その中でインドに決めた理由はいくつかありまして、縁・タイミングといった要因も大きかったように思います。 インドは旅行した中でも非常に印象深かった国ですし、ちょうどその頃、チャイナプラスワンが騒がれる時期で日本のバイヤーさんもインドで物が作りたいと中国からどっと流れていたんです。 もちろん、若者も多く、元気な国っていう印象もありましたし、マーケットとしての魅力も感じていました。そのような日々成長する国を実際に肌で感じたいと思ったことも理由の一つですね。そんな時に、タイミングよくインド勤務の求人を見つけたんです。それだけすべてが重なれば、インドに決まりですね。 インドではどのようなお仕事をなされていたのですか? 計2年経験したんですが、1年目はジャイプールで日系のアパレル検品工場にての商品検品部門の管理をしておりました。お客様は日本なんですが、出荷前に商品をチェックするわけです。 中国と違い、品質では劣るところも多く、実際にカレーがついてたりっていう例もあるんですよね(笑)そういった商品をきちんとスタッフが検品できているかを管理して、何かあった場合には製造元やお客様となる日本とのやり取りが必要となったため、生産管理に近いことも経験してまいりました。 2年目は、よりモノづくり側にという思いを優先して、転職をいたしました。偶然デリーの工場で日本人スタッフを募集していたんです。社長は私が日本で就業していた企業の存在をご存じで、マーチャンダイザーとしての経験も認めて下さり、企画兼生産管理というポジションでお仕事をさせて頂きました。 幅広く新しいことにチャレンジできたので本当に楽しかったです。 インドでの仕事は毎日が劇場?! インドで“働く”とはどのようなものでしたか? 毎日が劇場でした。(笑)周りがそうだったというのもあるのですが、こんなに自分自身が声を荒げて注意や指導をするとは思ってもみなかったです。それくらい様々な違いに対して日々戦っていました。 例えば、中国であれば1日で出来ることが、なぜかインドになると結局1週間かかってしまう。このような時間の概念の違いは当たり前です。 他にも一つの製品に対して、ボタン、糸、生地などの細かな注文があっても、その複雑な管理をインド人スタッフは実際出来ないんです。それでも、打ち合わせ時には「出来ます!」って言ってしまって、随分経ってからに「出来ません…」と報告してくる。 ひどい場合は、注文と全く違う物を用意してきてしまう。そんな彼らの口から出るのは「Incredible...
2017年6月28日0 DownloadsDownload