【アンケート調査】日系企業で働くインド人に聞いてみた!インド人は日本人と仕事していてハッピーなの?



インドで働くことになったら、気になるのは職場環境や一緒に働くインド人の仲間達!企業によって、国籍比率は様々ですが、せっかくインドで働くならば、インド人や多国籍な同僚とチームワークを築き、最高のビジネスキャリア経験を積み上げたいですよね!

今回は、インドにある某日本企業のインド現地法人で働くインド人の方9名にアンケート調査を実施しました。インド人がなぜ日系企業で働くのか?日本人と働くことに何を期待しているのか?などなどインド人の本音を聞いちゃいました。
※アンケート調査は日英併記(日本語は要約・まとめ)になっています。

Palette編集部
なぜ日系企業で働こうと思ったのですか?

日本の働き方を学び習得するため
Professionalism. Good working style. Discipline
I heard of their methodical and disciplined work culture. Also, after being interviewed by the Japanese, I found them courteous and detailed oriented. I liked these qualities.
To explore Japanese culture and there working skills, as I have heard that Japanese people are very hard working and dedicated to work.


 日本もしくはインド以外のマーケットへのチャレンジ
To explore Japanese Market and Industries , Also was curious to know what sets Japan different from other cultures.
To explore new market and culture.

 日本の文化が好きで!もっと知りたくて!
I liked Japanese culture.
In order to know well Japanese culture I decided to work in Japanese company.

 日本語のスキルを活かすため
I had learnt Japanese language and wanted use my language skills

 特に決めていなかったけど、働いてみたらいい感じです!
I did not decide to grab an opportunity in Japanese company but in fact after working here in Japanese culture is too good so far.

日本企業で働く事の期待は、日本人が大切にしている仕事へのあるべき姿、プロフェッショナル/働きもの/礼儀正しい/規律といったイメージが強く影響しているようですね。

次の質問は、学歴について。実は、インド社会での就職は、教育・資格が重要視されます。多国籍企業であればMBAホルダーや修士号を持ったインド人がゴロゴロいるのもインド就職の特徴です。この企業では、どうなのでしょうか?

Palette編集部
最終学歴を教えてください。


この企業では、採用条件は大学卒が必須条件です。しかし、インド人スタッフの方の最終学歴は、修士課程を取られている方が全体の44%と半数近くになりました。また、こちらの企業では業界と関連する専攻出身者も多いのが特徴です。また、大学卒の場合は、業界経験が5年以上、10年以上をもつスタッフもおり、業界専門性の高いスタッフが集まっていました。 

 

ここからは私達がかなり気になる!日本人と働いてみたら実際どうだったのか?インド人の日本人に対する本音に直撃します。

Palette編集部
日系企業で日本人と働いてみて、実際どうですか?

今のところ素晴らしいです。オフィシャルや普段のコミュニケーションや会話を通してモチベートしてくれています。オフィスの環境も良い!
Though I have a small experience but so far its great. I feel, frequent communication, conversations (formal/casual) helps the employee engaged and motivated, also, a vibrant atmosphere on the floor would add value to the working culture.

たまに役立つ情報が足りなくて明瞭さに欠けるなと思うことがあります。意思決定のスキルが足りてないなと感じることも。でも今のところわたしのチームや素晴らしいです。正直さとインド文化に馴染もうとしてくれていることには感謝しています。
Sometimes I feel like some people lack clarity due to less information available and being new to the culture and Indian market hence lacks decision making skills but as for my team I enjoy working with them. I appreciate their honesty and the way they adjust to our culture as well. Good understanding of the Indian market and the employees could be a good start to achieving the desired growth. 

ここでの仕事は最高です!今の時点ではなんとも言えないのだけれども、日本人の正直さ、コミット力、そして責任感が好きです。
Experience is still superb and it continuous… I cant judge about their behavior in very short term but in fact I liked their honesty, commitment, responsibilities..

わたしは、新しいことを模索することが大好きなので、日本人との仕事を楽しめています。でも、異文化へ馴染むことに融通が利かないところもあるかなと思います。
I have enjoyed working with Japanese people because I love to explore and try new things. But have observed that they are rigid to adopt other culture than their own.

もうちょっとフレキシブルだと、素晴らしいなと!
If Japanese could be little flexible for employees …it would be great..

 もう少し会社側からよりチームに寄った柔軟性があれば、従業員がさらに団結するはず!
To be more flexible for team outings for trips from company side , be more employee centric company

誠実で正直で一生懸命働く人たちですね。皆さんフレンドリーでとても好感がもてます。ただ、もう少し柔軟性が欲しいな、と。ときには、一生懸命働くことよりも手早く仕事をこなすことに注力することも必要なのではないでしょうか。
They are very sincere, honest and hardworking people. Also are very nice and friendly with everyone. One thing i would like to say you need to be little more flexible and sometime may be focus on smart work rather than hard work.

嬉しいコメントも盛りだくさんですが、なかなか手厳しいコメントもありますね。共通してインド人が日本人に求めている改善点に、柔軟性や意思決定能力、異なる文化への適応力などがありました。

実は、インドと日本はいずれも、世界においてもかなり特徴のある国なんです。
インドは多言語、他宗教、他文化の国ですが、日本は、単一言語、単一文化、ほぼ宗教はありません。とにかく国民性のギャップが大きい。一緒に仕事をする上では、このギャップをどこまで双方がすり合わせていく努力をできるかが、課題です。

次に、インドで働く日本人に知っておいて欲しい、インド人にとって大切なものについてアンケートしました。

なんでこんな質問?と思われた方にちょっと補足を。
日本では、仕事は最優先なのはビジネスでは当たり前!という固定観念が根付いています。しかし、海外ではそういった概念が異なる場合があります。特にインドでは。

会社で、同僚や部下、上司との人間関係を構築するためには、ライフワークバランスを知ることがコツです。まずは、優先度の高いものを双方が理解しようとすることが、人間関係構築のための第一歩でもあります。是非ここでのアンケート調査結果を念頭に、インド人スタッフと職場でのコミュニケーションを取ってみて下さい。

Palette編集部
人生で一番大切にしているモノ・コトはなんですか?
Priorities in my life, order would be: Family, work, Money, travelling.(家族、仕事、お金、旅行)
Family(家族)
Family followed with a good life which comes with money, travelling and hobbies.(家族、お金、旅行、趣味)
Family always most important things to me but simultaneously I always pay attention to my work also.(家族、仕事)
Family, work & money, cooking and travelling(家族、仕事、お金、料理、旅行)
・first family , then work, then money(家族、仕事、お金)
Family is most important and after that comes work(家族の次に仕事)
Money. Because if you make money , your family & partner is happy. You can go for Holiday’s and fulfill your hobbies as well. (お金、家族、パートナー、趣味)

圧倒的に多い回答が「家族」でした。次にお金という回答も多いですね。インド人は時には。いや、いつも?家族を最優先に考えています。ですので、家族が病気になったり、家族にお祝いごとや不幸があれば、仕事よりもそれを最優先にすることが当たり前なのです。

こういった価値観の違いが異なることを事前に知っておくと、仕事のマネジメントにも役立ちます。もちろん、日本人にとっての大切なものもインド人にシェアしておくことが大切です。

それ以外には、日常的なコミュニケーションの参考になれば!と、インド人スタッフの方の興味のあるトピックについて質問しました。

Palette編集部
最近一番興味のあること、楽しみなことは?
How to make & keep my family happy.(家族の幸せ)
Latest technologies, AI, and so much of work being done in the autonomous, electric vehicle. industry 4.0. Latest hiring trends.(最新テクノロジー)
Travel(旅行)
Exploring new places, new cultures and meeting new people.(新しい場所・文化・人)
Traveling(旅行)
Talking with strangers and travelling(知らない人とのコミュニケーション・旅)
Winters are arriving(冬)
Thinking and planning about my baby , since i will be mother soon 🙂(ママになること!)
Learning new dishes to cook for my little kids. Also listening to different type of music.(子供のためのお料理を習うこと、新たな領域の音楽を聞くこと)

さまざまな回答をいただきました。日本人と同様、興味・関心ごとは様々ですね。ちょっと安心です。会話のトピックには困らなそうですね。インド人は、好奇心旺盛な方が多いのも特徴に感じます。日本のビジネスや生活のことなどにも、高い興味を持っています。

「日本ってきれいなんでしょ?」「日本と言えばテクノロジーだよね!」なんて質問を良くされます。こういった自国のトピックについても、英語で喋れるようになっておくとインド人とのコミュニケーションが更に円滑になるでしょう!