インド就職だからこそできる、週末で行ける観光スポット5選


日本人の多くの人は、「インド=危険」というイメージをもって、インドにくることに抵抗を持たれているのではないでしょうか?
以前、「インドの治安問題の真相は?!インド在住20代男女に聞いてみた!」でも取り上げたように、実際に住んでみるとインドは日本で言われているほど、危険ではないことがわかります。

それ以上に、インドには日本人の方にも実際に訪れて体験して欲しい素晴らしいスポットや、楽しいが詰まった場所も沢山あります!今回は、そんなインド生活を充実させるであろう観光スポットをご紹介していきます。

 

インドの週末を楽しめる観光スポット5選

インドには、観光スポットとなる、文化遺産28件、自然遺産7件、複合遺産1件の計36件の世界遺産があります。

超メジャースポットタージ・マハルやフマユーン廟は、以前「予習すれば楽しさが変わる!デリー近郊の観光地5選!」でご紹介させていただきました。今回は、デリー近郊を出発点に週末旅行を楽しめるスポットに絞ってご紹介します。
(出発地点は、Palette編集部最寄りのインディラ・ガンディー空港(デリー空港))

インドでもっとも神聖な川、ガンジス川が流れるバラナシ


ガンジス川。みなさん一度は耳にして事があるのではないでしょうか。ヒマラヤ山脈の南側、インド亜大陸の北東部を流れる大河です。全長は約2525km、流域面積は約173万kmと言われています。ガンジス川は古来、ヒンドゥー教では女神ガンガーのもたらした聖なる川とされ、現在も現地ではガンガーと言われています。ヒンドゥー教最大の聖地で巡礼が集まり、沐浴を行うことで知られています!

寺院などの観光スポットや、アクティビティについてはこちらの記事をご覧ください(英語記事)
Along The Ganges: The Cultural Attractions Of India’s Holiest River
  • 住所:不特定
  • 滞在時間の目安: 1時間
  • 入場料: 無料
  • アクセス: 飛行機と車
    (デリーガンジス国際空港より1時間半ほど、ゴーラクプル空港からは車で3時間ほど)
 

海外からの観光者が集うインドのリゾート地、ゴア


西洋文化が浸透しているリゾート地としても人気が高いゴアは、アラビア海に沿って海岸線が延びるインド西部の州です。1961 年までポルトガルの植民地だった歴史から、多くの西洋文化や建築物が残っており、歴史と文化を知れる観光スポットになっています。ゴア独特な、インド文化と西洋文化の織りなす姿は実に見ごたえがあります。また、ゴアは海岸に位置しているので、美しいビーチが多くあるのも特徴的です。ヤシの木が立ち並び、美しい海が広がる景色は、本当にインドなのかと思わせてくれるほどの南国気分を味合わせてくれます。

有名観光地 : アゴンダビーチ、ボム ジーザス教会、ダドハサガー滝 etc.

マリンスポーツだけでなくキャンプやトレッキングなど様々なアクティビティが楽しめます。詳しくご覧になりたい方はこちら(英語記事)
12 Best Adventure Activities in Goa
  • 住所:Goa India
  • 滞在時間の目安: 2泊3日以上
  • 入場料: 観光地による
  • アクセス: 飛行機と車
    (デリーガンジス国際空港より2時間半ほど、ゴア空港からは車でほど1時間弱ほど)
 

 

新鮮な空気、快適すぎる気候におしゃれなレストランがひしめくバンガロール


インドの南、カルナータカ州南西部のマイソール高原の上に位置します。市域人口は1234万人(2017年)でインド第3の人口である大都市です。バンガロールの気候は、高原にあるためインドの他都市と比較すると穏やかで涼しく、「インドのガーデン・シティ(庭園都市)」と呼ばれ、他地方の人々から見て大きな魅力になっています。「インドのシリコンバレー」と呼ばれるバンガロールにはGoogle、Amazon、Facebook等の拠点もあります。

名観光地 : ブル寺院、KR マーケット(シティ・マーケット)、カボン公園 etc.

バンガロールの観光スポットをもっと極めたい方はこちら(英語記事)
15 Best Places to visit to Bangalore
  • 住所:Bangalore, Karnataka, India
  • 滞在時間の目安: 2泊3日以上
  • 入場料: 観光地による
  • アクセス: 飛行機と車
    (デリーガンジス国際空港より3時間弱ほど、ゴーラクプル空港より車で3時間半ほど)
 

 

宝石とテキスタイル、美しい街並みのジャイプール


ジャイプールはインドのラジャスタン州の州都です。かつてこの地域を支配した有力氏族が 1727 年に建設した旧市街は、その特徴的な建物の色から「ピンクシティ」と呼ばれています。町全体の建物が赤みがかって、ピンク色のようであることから呼ばれるようになりました。有名な観光スポットとしては、Hawa Mahal、Jal Mahal、 Amber Palaceなどがあります。

ジャイプールの観光スポット詳細はこちら(英語記事)
25 Best Tourist Places to Visit in Jaipur
  • 住所:Jaipur, Rajasthan, India
  • 滞在時間の目安: 1泊2日 or 日帰りも可
  • 入場料: 観光スポットによって
  • アクセス: 飛行機で1時間半、鉄道・バスで5時間弱、車だけであれば5時間〜6時間
 

ヒマラヤ山脈を臨む茶畑が広がる山岳地帯、ダージリン

ダージリンはインドの西ベンガル州の町です。ヒマラヤの麓に位置し、イギリス領インド帝国のエリートたちの避暑地だった町で、1881 年に完成したアジア最古登山鉄道ダージリン ヒマラヤ鉄道(トイトレイン)の終着駅になっています。町を取り囲む丘陵の斜面に点在する茶畑で栽培されるダージリン ティーで有名です。背景には世界最高峰のひとつ、カンチェンジュンガ山が見えます。ネパール人、ベンガル人、シッキム人、チベット人などの住人に加え、各国からの旅行者やインド人の避暑客も多く、異国情緒が漂っています。

ダージリンの観光スポット詳細はこちら(英語記事)
14 Places to Visit and Things to Do
  • 住所:Darjeeling, West Bengal, India
  • 滞在時間の目安: 1泊2日 or 日帰りも可
  • 入場料: 観光スポットによって
  • アクセス: 飛行機と車
    (デリーガンジス国際空港より2時間ほど、バッグドラ空港より車で2時間ほど)
 

 

まとめ

今回はインド生活を充実させる手段として、観光スポットをご紹介しました。

ご紹介したのもごくごく一部なので、インドの世界遺産を全部巡る!と言った計画を立てるのも素敵だと思います。交通手段も、電車・鉄道やバスのみならず、飛行機や車といったものもあります。車をチャーターして、週末インドドライブも貴重な経験になると思います。ネットで調べたり本を見て観光スポット見つけるのもそうですが、インドで生まれてインドで育った、インドの方々と旅をすると更に美しい素晴らしいインドに出会えます。

インドという地で、あなただけの場所を発見して見ませんか?

Paletteでは、最新のインド求人情報を、最新ブログやセミナー情報を、月に数回メルマガ形式でお送りしています!

メルマガに登録する