皆さんこんにちは!
JAC recruitment India の岩永と申します。

突然ですが、コーリビングスペースというものをご存知でしょうか?
日本ではまだ馴染みがなく、聞いたことがある人も少ないかと思います。
実はインドでは、最近このコーリビングスペースが急激に増加しているんです。

今回はインドで今流行しているコーリビングスペースを
実際に私が住んでいる場所を踏まえつつ
ご紹介させていただきたいと思います!

そもそもコーリビングスペースとは?

コーリビングスペース(Co-living space)とは、大人数で一つのスペースに住み、互いに奨励しあいながら
働ける空間のことを指します。最近ではWe workなどでお馴染みのコーリビングスペースにシェアハウスを
かけ合わせた空間をイメージしていただければ、わかりやすいかと思います。

日本ではあまり知られていないコーリビングスペースですが、インドでは
都市部人口増加や土地の高騰化などの理由を背景に今、大注目されています。

インドの不動産サービス会社JLL Indiaによると、
今後15年間でインドの都市部人口はなんと1億5千万人増加すると予想されています。
(日本の国民全員が一部の都市に引っ越すと考えるとすごい数ですよね。。)

インドの都市部では2LDKのような家族向けの物件が多く
新卒や大学生は学生寮やシェアするのが一般的ですが、人口増加やそれに伴う
家賃上昇によって近年インドでは単身者向け住居の不足が問題視されています。

そこで、注目されているのがCo-living space。
都市部に比較的安い値段で住むことができ、若い世代の生活スタイルにマッチする
Co-living spaceの需要が高まっているわけです。

企業もその需要にこたえるように続々とサービスを展開し始めています。
ソフトバンクが支援していることでも知られ、創業6年で世界2位の規模になった
印ユニコーンスタートアップのOYOは2018年にco-livingサービスの展開を発表しています。
また、Co-workingスペース最大手であるWe workも
Co-liningスペース「We-live」を今年中にインドで展開すると見られています。

コーリビングスペースってどんなところ?

1.炊事洗濯掃除すべてやってくれる。

コーリビングスペースでは炊事洗濯掃除がすべてサービスに含まれています。
御飯は平日朝晩、土日は三食ついておりビュッフェ形式で
毎食三種類程度用意されています。
基本的に毎日ハウスキーピングの方が部屋の掃除をしてくれ、
洗濯も頼めば乾燥から畳むところまでやってもらえます。
まさに単身者の天国。自分の時間が増えるので、生活していて非常に楽です。

2.共用スペースその他設備が充実している。

インド コリビングスペース

こちらが共用スペースにあるジム。
基本的にいつでもOPENしており、好きな時間に使うことができます。
奥にはスタジオもあり、定期的にヨガやズンバのクラスも開かれています。

インド コリビングスペース

シネマルーム兼カラオケスペース。
プロジェクターの他にスピーカーやアンプがついており、
映画やクリケットの試合を見たり、みんなでカラオケができます。

インド コリビングスペース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共用のリビングスペース。備え付けのテレビでAmazon Prime とNetflixを
見ることができます。

この他にもPS4やビリヤード台がある娯楽スペースや
軽食が売っているキオスクがあり、わざわざ外に出なくても
この建物で衣食住娯楽が完結しています。

3. セキュリティ管理が割としっかりしている。

24時間のセキュリティ管理に加え
エントランスには顔認証システムが導入されており、
外部からの侵入は一切できないようになっています。
また入居者以外はたとえ友人や家族であっても
入居者からアプリを経由した招待がないと
建物に入れないようになっています。

4. 友達ができやすい

なんといっても友達ができやすい。これに限ります。
コーリビングスペースのターゲット年齢層は
20代から30代前半なので、同世代の方が多く
唯一の日本人ということもあり積極的に声をかけてくれます。
最近の休日にはもっぱらフラットメイトと一緒に映画を見に行ったり、飲みにいったりしています。
一緒に過ごす中でよりインドに対する理解が深まり、本当にここを選んでよかったなと感じる日々です。

気になる家賃ですが、
こみこみで25000INRとなっています。
日本円に換算すると4万円弱ですね。(2019年10月現在)
セキュリティやサービスの面を考えるとお得なのではないでしょうか。

インドのコリビングスペースで気になる点

いいことづくめのコーリビングスペース。
しいて気になる点をあげるとするならば

・出てくる食事がカレー味ばかりで飽きる。

・インド人向けの御飯になるので出てくるのは基本的にベジタリアン料理のみ。
お肉が非常に恋しくなる時がある。

・共用スペースで誰かが窓を開けたまま放置した結果
たまに鳩がリビングでくつろいでいることがある。

が挙げられます。また言わずもがなですが一人部屋はあるものの人と会う機会はやはり多いので、
家では誰とも関わりたくないという方は向いてないと思います。

しかし、キッチンで自分で料理することはできますので
人と関わるのが好きで鳩が苦手じゃないよ!という方はインドに来た際は
是非コーリビングスペースも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

インドで今きているコーリビングスペース、
思っていた以上に最先端だと感じた方も少なくないのではないでしょうか。

インドが台頭する日も
そう遠くないのでは?

Palleteではインドに関する様々な情報の他に求人紹介も行っています。こちらの記事を読んで少しでもインドの就職に興味を持っていただいた方はこちらからお問い合わせお待ちしております。

無料 インド就職相談のお申込み