【インド現地採用の求人トレンド】 製造業界(技術職)の求人案件・応募条件・給与は?

日系企業のインド進出が増加の大きな要因となっていた産業の一つが、製造業です。

最近は、工場設立10年以上の企業にて、生産技術、品質管理、品質保証、メンテナンスなど幅広い技術の現場で日本人ならではの品質を維持するための人材が求められています。具体的なミッションは、メンバーのインド人向けの教育、日本品質のものづくりのためのインド人へのマインドセット、現場をマネージメントする立場の人材など。

ここでは、インド求人の製造業界(技術系)にフォーカスし、職種別給与、業務内容、条件などを具体的にご紹介いたします。

インド求人 製造業・技術系 職種別給与

 
職種給与(年収)
品質管理・品質保証アドバイザーUSD30,000~(330万円程~)
品質管理・品質保証マネージャーUSD42,000~(450万円程~)
生産技術マネージャーUSD42,000~92,000(450万円~1000万円程度)
最低給与を見ると、日本と比較して年収が下がる方もいるかもしれませんが、インドでの生活費は日本のようにはかかりませんのでご安心ください。現地採用者の収支・貯蓄額平均については下記のブログでご覧いただけます。

インド現地採用者が生活費を徹底調査!インドの暮らしのリアルとは?!

2017.07.28

製造業・技術系/規模・職種別 求人事例

自動車部品メーカー/品質管理・保証 アドバイザー

企業/ポジション 自動車部品メーカー/品質管理・保証 アドバイザー
業務内容日系企業である「品質」を保つための現場アドバイザー
    • 現行ある品質システムをインド人に教育、意識づけ
    • 社外向けではなく、主に社内の組織強化のための教育
    • 製品の品質に関して問題がが起きた際の対応
応募条件【必須スキル】
  • 品質管理または品質保証の実務経験
    ※自動車業界でなくとも可能
  • 日常会話以上の英語力(TOEIC400~500程度)
【歓迎】
  • 指示だけでなく、現場でメンバーと共に業務改善していける方
【求める人物像】
  • これまでの経験を活かし、現場のインド人と協力して進めていける方
給与 年収USD30,000~(330万円~)
※ご経験に応じて相談

生産技術マネージャー

企業/ポジション 生産技術マネージャー
業務内容
  • 新製品開発プロセスを包括的に担当(アイデアの生成、アイデアのスクリーニング、製品開発、テスト、マーケティング戦略の開発、ビジネス分析、テストマーケティング、商品化)するほか、他部門との調整、横ぐし活動
  • 各プラン、アイデアごとにチーム全体でSWOT分析しながら、進めて頂くとともに、常にPDCAを回しながら製品化し、チームを育てて頂きます
応募条件【必須】
  • 英語力日常会話以上
  • マーケティングやプロダクトデベロップメントの経験を合わせて15年以上保持
【歓迎】
  • インドもしくは海外での就業経験
  • 同業界もしくは自動車業界経験
【求める人物像】
  • ニーズが広がる市場にて新たなプロダクトを作っていく能動的な活動のできる方
  • 市場のシェアやブランディングに貢献する活動ができる方
給与年収USD42,000~92,000(450万円~1000万円程度)
 

JAC Recruitment Indiaの人材コンサルタントより

インド製造業においては、10年以上の経験を持ったシニア層の活躍が目立っています。企業側は30代~40代のマネージャ層を求めているものの、ご家族帯同が厳しい現場も多いのが現状です。

直近では、自動車メーカーでの組み立て、四輪製造設備調達・工程管理・コスト管理のバックグラウンドを持った60代の方が活躍されていています。ご経歴及びインド遠方での勤務になるため、企業側も年齢を絞られず採用される傾向です。

ご興味のある方は、是非!お問合わせください。

最新の求人をご覧になりたい方はこちらへ

人材コンサルタントに会計業界の求人案件を問い合わせる