【インド人50名に聞いてみた!】世界地図の中で、日本はどこですか?


Paletteが新コーナー「インド人に聞いてみた!」をはじめました。コーナー名の通りに、インド人に色々な質問をぶつけて、調査するものです。記念すべき第一回は「インド人は日本の場所どれだけ知っているのか?」というテーマで調査してきました。

今回はインドの首都デリーにあるコンノートプレイスという場所に行き調査してきました。デリーメトロで一番の乗客数を誇る駅があり、老若男女が多く集まり、近代的なショップも数多く入っているコンノートプレイス。そこにいるインド人に、世界地図で日本の場所を当ててもらう、というものです。

 

インドと日本の関係は?

日本から約6000km以上離れた場所に位置するインド。日本の近隣諸国である中国や韓国とは違い、地理的にも離れています。インドには様々な悪いイメージがはびこっています。したがって、実際にインドに足を踏み入ことがある人の数は多くないでしょう。

また、政治・経済的にも、まだそれほど国民は親近感を感じる程の繋がりがないのが現状といえるでしょう。2015年12月に日印首脳会談が開催されました。しかし、皆さんの記憶に新しいインドと日本の関係のニュースは少ないのではないでしょうか?アメリカ、東南アジア、そして中東に関するニュースに触れる機会のほうが多いはずです。

しかし、インドのすごさを皆さんご存知ですか?人口は約12億人、経済指標であるGDPの成長率は、日本が1%弱に対してインドは7%超、インド人が世界の有名企業のトップに相次いで就任しています。インドという国の勢いには目を見張るものがあります。

こうした背景がある中で、はたしてどれだけのインド国民が日本について知っているか、またどのくらい日本に興味を持っているかを調査したいと思います!

今回調査を行った場所は、インドの首都デリーにあるコンノートプレイスという場所です。コンノートプレイスとは、経済、商業、ビジネス、ショッピングの中心的なエリアのことです。その、コンノートプレイスにいた50人のインド人に、性別・職業・年齢をなるべく偏りのないよう、世界地図の白地図の中で、日本がどこにあるか?を質問し、答えてもらいました。また、正確に場所を当てられた人も、そうでない人にも、日本への興味があるかどうかも聞きました。

 

実際にインド人に聞いてみた!

さあ、実際にコンノートプレイスに赴き、調査を開始です!

まず、こちらの男性か聞いてみましょう。

かなり迷っている様子でしたが、選んだ先はなんとオーストラリアでした!日本の正解の場所を伝えると、かなり驚いた様子を見せた後、笑っていました。

「うーん、、まだ日本とオーストラリアは少し近いし、どっちも島国だし、まだ許せるか。。。」そう思いながらも、次なるインド人を探します。

さて、気を取り直して、この男性達に聞いてみます。はたして、彼らは一体どこを指したのでしょうか?

なんと!この人たちはサウジアラビアの場所を回答としていました!サウジアラビアはインドの西に位置し、日本の方向とは真逆でそちらは中東と呼ばれる地域です。

「意外と日本の場所を正確に把握しているインド人って少ない。。。」と、若干驚きながらも調査を続けます。また、日本の文化などに興味があるかと聞いても、全くないという回答でした。

その後も調査を続けていく中で、日本という国は聞いたことあるし知っているが、全く場所が分からないという人が続出しました。回答するも、中国やモンゴルなどの他のアジア圏の国と間違える人もいました。これならまだ許容範囲だと思いました。

しかし、その後も調査を続けていくと、なんと、アフリカのマダガスカルや南アフリカなどを回答する人が現れました。

正直、もう言葉にできないくらいの驚きがありました。的外れにもほどがありますよインド人。。「まさか。。。実はインド人って、かなり多くの人たちが、全く日本の場所が分かっていないのではないだろうか?それに、日本なんて眼中にないのかも知れない。」こうした不安が頭の中をよぎりながらも調査を続けます。

しかし、なかなか日本を当てられるインド人が現れない中、今度はこの19歳のこの男女二人。なんともお似合いなカップルに日本の場所を聞いてみます!

すると、ついにスムーズに日本の場所を当ててくれる人が現れました!!このなんとも言えない感情がこみ上げてきます。日本人として感無量です。

はたしてインド人の何人が日本の場所を知っていたのか?

さて、ここまで調査の様子を伝えましたが、結果を集計致しました!一体、どんな結果になったのでしょうか?
結果は、50人のインド人の内、日本の場所を正確に把握していたのはなんとたった9人でした。。。

ハズれた人は、上述した他の国と間違える一方で、全く場所が分からずお手上げ状態の人や、ひたすら海上を指差して日本はここら辺にあるはずだと言って聞かない人もいました。

「インド人って頭いい人多いって思ってたけど、全然インド人って日本の場所知らない。。。」

調査したインド人の中には、自分の国インドの場所さえ間違える人がいました。さらには、現地の大学生でさへも、日本の場所を間違えた状況には驚きを隠せませんでした。一応、日本とは、世界でも賞賛される文化を持ち、名目GDPでも経済大国であり、人口も1億人超の国です。

これは、日本が全く関わりないマイナーな国の場所を聞かれた時と似たようなものなのでしょうか。インド人にとっては、それくらいのレベルの認知度を持った国なのかも知れません。まだまだ、日本は国際社会で頑張らなければならないのかもしれません。

一方で、正確に場所を当てられた人は、日本人の友達がいるケース、日本語を少し知っているケース、医者などの高所得者層に見られる傾向が高かったです。日本に興味を持っていない人がほとんどを占める中で、正解者という少数の人が日本に興味を持ってくれていたことは、うれしく感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?インド人は私たちが想像している以上に、日本の場所を知りませんでした。また、アジアの中国や韓国と間違えるのかと想像していましたが、全然違う地域を答える人もしばしば見受けられたのは想定外でした。これから私たち日本人が海外でビジネスをする上でも、関わる必要性が高まると考えられるインド人が、日本への興味があまりないのは少し不安を感じるものもありました。日本はこれからグローバル社会でより活躍の場を広げる必要があるのかも知れませんね。やはり、現場で実際に生の声を聞いてみるのは面白い発見があります。ぜひとも、今後も色々なことをインド人に聞いていきたいと思います。