「Happy Holi!」って言えば何でもあり?インド最大の祭りHoliに参加してきた!


「ハッピーーー! ホーリーーーー!!!!」と街行く人みんなが叫んではカラフルな粉をかけあい、抱きつきあう、あの世界でもクレイジーな祭りとして有名なインドの「Holi」とはいったいぜんたいどんな祭りなのか。

数日間は街の至るとことがカラフルになっていたり、緑や青や赤い色の顔をした人がなんてことない顔して電車に乗ってきたり、スーツを着ててもお構いなしに色粉をつけてきたり…。Happy Holi!」って言えば何でもあり!?本日はそんなインド最大のお祭り「Holi」について、インドで実際に参加してみてのリポートです。

そもそもHoliってどんな祭り?

そもそもHoli(ホーリー)ってどんなお祭りなんでしょうか。

もともと「ホーリー」はインドやネパールなどのヒンドゥー教の国で行われていた祭りで、豊作祈願と春の訪れを祝うものでした。ちょうどインドに春が訪れる時期、日本の3月頃に毎年行われます。その豊作祈願と春の到来の祝福という意味あいに加え、家に押し入ってくる悪霊を追い払う魔よけとしての儀式の要素も加わり、互いに粉や水をかけあうようになったのが始まりとされています。今では、友人や近所の人と集まり、誰かれ構わずカラフルな粉や水をかけあい、祝いの時を皆で楽しむインド最大の祭りとして世界的にも有名です。

またこの日は職業やお金、未だにインドに残るカースト制度といったものが全て取り払われ、通りがかる人は誰であれ、「Happy Holi!」といって祭りを楽しめる、言うなればインドで最も人々が平等に同じ時間を楽しめる日であると言われています。地域によって盛り上がりに差はあるにせよ、インド国内全土で行われており、海外からも多くの観光客がこのHoliに合わせてインドへ訪れているというのが実情です。

開催時期とは

ホーリーは1年に1回、インド暦第11月、日本の3月頃の満月の日に行われます。祭りは2日間に渡って行われ、1日目をホーリー、2日目をドゥルヘンディと呼ぶのが正しいようですが、インド人はほとんどこの両日を「ホーリー」と呼んでいます。特にクライマックスとなるのは2日目の午前中。2017年では3月13日の午前中がこのクライマックスにあたる日でした。この日に向けて、人々の多くは数日前から色粉やを買い込んだり、色水を作っておいたりと準備をして当日を備えます。

名前の由来とは

「ホーリー」という名の由来の中で最も有名なのは、ヒラニヤカシプ王の神話です。全ての人に自分が王であるということを強要していたヒラニヤカシプ王は、ヴィシュヌ神を強く信仰している息子に腹を立て殺害をしようと試みます。しかしヴィシュヌ神に守られて息子はなかなか死なず、王は最後の手段として火の中に放り込むことを考えるのです。そして、決して燃えることがないと信じられていた妹のホリカに息子を抱いて、火の中に飛び込むよう命じます。

しかし王の予想とは裏腹に、燃えないと信じられていた妹のホリカだけが焼け死に、息子のプラハラーダーは火傷一つなく助かります。そして周囲の人たちが自分の身を投じてプラハラーダーを守ったホリカの死を悔やみ、その直後に大きな火を焚いてホリカの死を嘆いたそうです。この神話の妹の名「ホリカ」から「ホーリー」という名がついたと言われています。そしてこれに由来してこの日の夜には大きな焚き火を行う地域もあるのだそうです。

 

実際に2017Holiに参加してきた!

では、実際にはHoliとはどんな祭りなのか?2017年3月13日にクライマックスを迎えたHoliに参加してきました!デリーでも激戦区と言われるJNU(Jawaharlal Nehru University)に足を運び、インド人の熱気とに生のHoliへ飛び込んできました。

前日までに用意しておくべきこと


・色粉や色水の準備:1週間くらい前から道路に露店などで色粉や水風船等が売られ始めます。当日までに購入して当日に備えましょう。なんと言ってもこれがないと始まりません。

・服装:全身が汚れるのは覚悟の上で。色粉や色水は洗ってもなかなか落ちないので、この日は朝から汚れても良い服や靴で外出することをオススメします。旅人などは事前にHoli用にと真っ白な服を買い、全身がカラフルになっていく様子を楽しむことも多いようです。また、色粉を落とすためのコツとして、事前に髪から身体全体までオイルを塗っておくのが良いとのこと。ココナッツオイルやオリーブオイルを全身に塗ってから会場へ出向くと終わったあとに少し落とすのが楽になります。

・持ち物:人口の多いインドでこの祭りの日にはさらに街に人が溢れます。盗難などを避けるためにも貴重品はできる限り最小限にするべきです。何をかけられるのかわからないので、カメラや携帯はジップロックなどビニール袋で覆って。筆者はスマホのカバーに500ルピーを2枚だけ挟みこみ、財布は置いてでかけました。

・交通網:Holi当日は公共交通機関などは動かないものが多いようです。(デリーメトロは終日動いていませんでした。)事前に目的地へ向かう車やタクシーを手配しておくと良いでしょう。服を汚しすぎるとタクシーのダライバーには苦い顔をされます。

・食材の購入:当日は朝からスーパーやレストランなどほとんどのお店が閉まっています。(店によっては夕方頃から開店するところもある)食材など必要なものは前日までに計画的な購入を。

オススメ場所(激戦区)

デリー・ヴリンダーヴァン・マトゥーラ・バラナシ

南インドよりは北インドが盛り上がるようで、北の中でも上のような場所がHoliに参加するにはオススメなスポットです。近所の人同士が家の前の道路で色粉をかけあうといった具合でインドの広い範囲に渡って祭りは行われますが、本気のHoliを体験してみたいという人はぜひ激戦区に行くことをオススメします。各地からこの日に合わせて激戦区へ訪れる人もいるほど人気な地区はその盛り上がりがすごいようです。是非訪れるならホテルや交通の手配もお早めに。

写真で見る2017 Holi

今年のHoliを体験したのはデリーの中でも激戦区と言われているJNU(Jawaharlal Nehru University)やはり大学なだけあって学生特有のノリと勢いがなんともすごいかったです。

朝10時頃から色粉や色水を抱えた人がどんどん集まってきます。インド人に加え、ここが激戦区だと聞き集まってきた外国人観光客も多く見かけました。


写真のように通りがかる人みんなにHappy Holi!」と言って、互いに色粉をかけあいます。最初はみんな笑顔で塗っていますが、だんだんと激しく頭の上や顔の後ろからも不意打ちに塗ってきます。互いに塗られたら塗り返すが、礼儀なようです。

外国人は何もしていなくても目立つので標的になりやすい。次から次へと人が寄ってきて、色粉をかけられました。


最初は色粉を塗りあい、音楽に合わせて踊って祭りを楽しんでいるのですが、だんだんそれもエスカレートして、水をかけあったり、泥をかけあったり、もうなんでもありです。


最後にはこんな感じになっている人もいます。

もう粉も水も泥も、全部がミックスされてなんとも言えないような姿に仕上がります。


参加していた日本人も負けじと汚くなっていますが、すぐにへとへとになってしまう日本人に比べると、インド人のHoliでのテンションの高さも熱気もさすがで、もはやHoliへのパワーや愛のようなものも感じました。

 

まとめ

どうしてこうも盛り上がるのか?

何がそんなにも面白くて、Holiがインド最大の祭りと言われるのか。それはおそらく、いつもの生活では味わうことのできない群を抜いた非日常さというところにあるのではないでしょうか。日本にも多くの伝統的な祭りはありますが、これほどまでに、全身カラフルにドロドロに汚くなって終えることはそうそうありません。それに加え、人に対して、ましてや今会ったばかりの他人に対して容赦なしに色粉を投げて、水をかけて、泥を塗って、もう何でもあり!そんなことができる日なんてありません。そういう”非日常”の中で、いつもと違う新しい自分に出会えるようなそんな感覚も味わえます。

また、カースト制度が残るインドの社会構造という部分ともこの祭りが人気である理由は繋がりがあります。日常生活では身分や性別や職業や…そのような部分で格差に苦しんでいる人にとって、この日はインドで唯一皆が平等になれる日、つまりは、同じ祭りの楽しさを等しく味わうことのできる日であると言えるのです。それゆえ、多くのインド人はこの日を1週間も前からわくわくと心待ちにしているのでしょう。

インドのホーリーは世界各地に

近年日本を初め世界各地で”Color Run”や”Color Me Rad”といった「カラー×エンターテイメント」のイベントが人気を集めています。これらの元祖はほかでもないこのインドのHoliなのです。世界でもクレイジー祭りとして有名なHoliは、その名を本当に裏切りません。予想を超えたカラフルさと、汚さと、楽しさと!日本では味わえない一皮剥いてはしゃぐわくわく感を味わうことができるのは絶対です。ぜひ、インドにきてこのクレイジーな祭りに参加してインドを味わってみてはどうでしょうか。

[出典]

Holi-Holi Day, Holi 2017, Holi Festival India

Holi Festival JAPAN

RITRIP

旅遊人