150名以上が一同に集結!インド駐在員が熱戦を繰り広げるソフトボール大会を密着取材!


インドで充実した日々を送る上で、週末の過ごし方というのは、ひとつの重要な要素になるのではないでしょうか?
代表的な過ごし方といえば、モールでショッピング、ゴルフ、ヨガ、インド国内遺跡巡り、様々な過ごし方がありますが、中でもインドはサークル活動に興じられる方が数多くいらっしゃいます。テニス、サッカー、バスケ、ランニング等のスポーツ系から、ボリウッドダンス、コーラス、太鼓等の文化系まで種類は様々。今回は、スポーツ系サークルの中でも、一際インド駐在員を熱狂させるソフトボールにフォーカスさせていただきました。

インドにおけるソフトボールサークルとは?

驚くなかれ、インドには、全12チームに上るソフトボールチームが存在しています。
Aリーグ(上位リーグ)、Bリーグ(下位リーグ)に各リーグ6チームに分かれて構成されており、3ヶ月に1度、野球グラウンドでトーナメントが開催され、各リーグNo.1チーム決定戦が朝から夕方まで1日中かけて行われます。Aリーグ最下位チーム、Bリーグ優勝チームが次回大会で入れ替わりとなる為、毎回熾烈な優勝争いが繰り広げられております。

新春ソフトボール大会に突撃取材!


今回は、冬を越えて、小春日和にインドDENSOグラウンドで行われた新春ソフトボール大会に密着取材させていただきました。全12チーム、選手、応援含めて、約150名を超える超えるインド最大級のイベントの内側をご覧いただき、これからインドに駐在、転職、就職でいらっしゃる方、インド転職、就職をご検討されている方にとって、インドでの週末の過ごし方を少しでも鮮明にイメージしていただければと思います。

参加全12チームのチーム紹介!

12チームも存在していることに、驚いていらっしゃる方も多い方かと思いますが、実際にどういうチームが参加しているのか気になっている人も多いのではないでしょうか?今回は、全チームの代表に簡単なチーム紹介をいただいたので、是非今後サークル活動に参加される予定の方は、ご参考にしていただければと思います。

まず、インドに存在するソフトボールチームは下記12チーム。

Aリーグ

マハラジャキングス
盟球会
ドジャース
プテチゲーズ
ナマステーズA
BULUS

Bリーグ

パイレーツ
レッドソックス
エレファンツ
ファイブアローズ
ナマステーズB
レッドウィングス

各チームの代表に、自身のチームを投手力、守備力、攻撃力、チームワークの4つの観点から、自己分析いただき、星を最大5つで評価いただきました。それでは、まずは強豪ひしめくAリーグから!

Aリーグ

マハラジャキングス


前回大会優勝!住友商事、三井住友建設を中心にSONY、食楽と様々な異業種から野球経験者の強者が集結しているチーム。大会二連覇が期待される今大会の大本命。

投手力:★★★★★
守備力:★★★★★
攻撃力:★★★★★★(星5つでは納まらない破壊力がある為)
チームワーク:★★★★★★(20代の若手がチームを盛り上げ、雰囲気が非常に良い為)
チーム平均年齢:30代前半

チームスローガン:弱肉強食!和気あいあい!3,2,1Let’s go!

盟球会


前回大会は大接戦の末、惜しくも優勝を逃すも、前々回大会から二連覇している強豪!電子商社、物流関係、商社、個人経営、企業社長から編成されており、12チームの中での平均収入は一番高いとの呼び声が高く、若手はご馳走に預かるケースが多いという声もあります。

投手力:★★★★★
守備力:★★★★★
攻撃力:★★★★★★(クリーンナップはスラッガーが揃っている為)
チームワーク:★★★★★★(毎週練習をしており、連携が取れている為)
チーム平均年齢:43歳

チームスローガン:挑戦は義務!失敗は権利!

ドジャース


Aチームでは常連の強豪。物流、製造、アパレル商社、個人事業主で編成されており、総合的にバランスが取れているチーム。お茶目な川渕キャプテンがチームを束ねており、毎週日曜日の午前中に練習を続ける努力家が集結している。

投手力:★★★☆☆
守備力:★★★★★
攻撃力:★★★★☆
チームワーク:★☆☆☆☆

チーム平均年齢:30代中盤

チームスローガン:他力本願!

プテチゲーズ


コベルコグループを中心にIFFCOTOKYO、JX等から編成されているチーム。
ムードメーカーが多数所属しており、試合での活気は大会屈指のチーム。

投手力:★★★☆☆
守備力:★★★☆☆
攻撃力:★★★☆☆
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:40歳

チームスローガン:楽しく打ちまくる!

BULUS


SUZUKI、双日、阪急を中心としているチーム。前回大会劇的な逆転勝利でBチーム優勝し、Aチームに昇格した勢いのあるチーム。

投手力:★★★☆☆
守備力:★★★★☆
攻撃力:★★★☆☆
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:40代前半

チームスローガン:明るく!楽しく!元気良く!

ナマステーズA


大使館、日本人学校の教員の方々で編成されているチーム。2チームが出来るほどの大所帯のチームで、連携は抜群。
毎回、大会終了後の食楽(日本食レストラン)での3時間飲み放題を楽しみにしており、和気あいあいとした雰囲気が漂っている。

投手力:★★★★★
守備力:★★★★★
攻撃力:★★★★★
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:40代

チームスローガン:いつも元気よく楽しく!

Bリーグ

ナマステーズB


大使館、日本人学校の教員を中心に、丸紅、伊藤忠、王子製紙で編成されているチーム。今大会が最後の出場となる女性ピッチャーがチームの大黒柱となり、牽引している。

投手力:★★★★☆
守備力:★★★☆☆
攻撃力:★★★★★
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:40代

チームスローガン:楽しく野球をしよう!

パイレーツ


パナソニック、少年野球チーム侍インディアで編成されているチーム。平均年齢は出場チームで一番若く、活気があり、少年達のエネルギッシュさ、元気な声でチームを盛り上げている。

投手力:★★☆☆☆
守備力:★★★☆☆
攻撃力:★★★☆☆
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:25歳

チームスローガン:笑顔!!

レッドソックス


今大会の会場にもなっているDENSOを中心に編成されているチーム。DENSOインドの4拠点が、毎回集っており、チームワークは最強。強固な守備力で失点を防ぎ、タクさんが打線を支えているチーム。

投手力:★★★☆☆
守備力:★★★★★
攻撃力:★★☆☆☆
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:36歳

チームスローガン:ONE DENSO!タクにつなげ!

エレファンツ


YAMAHA発動機を中心に編成されているチーム。エースを中心に投手力、チームワーク力は高い。
メンバー全員が、大会終了後のビールを飲むのを楽しみにしているチーム仲が非常に良好なチーム。

投手力:★★★★☆
守備力:★★☆☆☆
攻撃力:★★★★★
チームワーク:★★★★☆
チーム平均年齢:40代

チームスローガン:常に全力プレー!

ファイブアローズ


JTECT、豊田工機を中心に編成されているチーム。野球経験者が少ない分、声を掛け合いながら、
チームワーク力を発揮し、ワイワイ野球を楽しんでいるチーム。

投手力:★☆☆☆☆
守備力:★☆☆☆☆
攻撃力:★☆☆☆☆
チームワーク:★★★★★
チーム平均年齢:40代

チームスローガン:チームワーク抜群!常に楽しく!

レッドウィングス


HONDA二輪、HONDAロジスティクス、HONDAトレーディング等、HONDAを中心に編成されているチーム。投手を中心にしたチームで、HONDAグループのチームワークを活かして、Aチーム昇格を目指す!

投手力:★★★☆☆
守備力:★★☆☆☆
攻撃力:★★☆☆☆
チームワーク:★★★★☆
チーム平均年齢:40代

チームスローガン:楽しく勝つ!

以上、大会出場全12チームのご紹介でした。いかがでしたでしょうか?
全チーム随時メンバーを募集しておりますので、インドにいらっしゃったタイミングで、
編成されている会社の方を通す等して、お問い合わせいただければと思います。

今大会の栄冠はどのチームに?!


今回も全12チームに渡る熾烈な熱戦が繰り広げられました。試合前は、笑顔に満ち溢れていた選手も、いざ試合となると、表情は真剣そのもの。前回大会の成績を超えるべく、春先の日差しをしのぐ、熱い全力プレーが光る好ゲームが続々と行われました。




永遠のライバル!マハラジャキングスVS盟球会


全チームを善戦をしましたが、やはり今回の決勝戦も前回優勝マハラジャキングス、前々回から大会二連覇を達成した盟球会の対決になりました。今までの緩い雰囲気が嘘のよう、大会二連覇を狙うマハラジャキングス、前回リベンジに燃える盟球会、緊張感がピンと張り詰めた状況です。


1回表を難なく無失点の抑えたマハラジャキングスはその裏、スラッガー加藤選手のホームランを含めて、打者一巡の猛攻で1イニング10得点!

大量得点を味方にしたエース向井投手は、豪速球を中心に強力な破壊力を持つ、盟球会の打線を翻弄。


その後も3回に4点、5回に2点、6回に6点の大量追加点をし、終始盟球会を圧倒。
大会史上初の22対2という大量得点でマハラジャキングスが前回大会に続き、連覇を手にしました!





ヒーローインタビュー

今大会全試合で大車輪の活躍をし、圧倒的な強さでチームの大会二連覇に導いた投打のマハラジャキングスの二選手に、ヒーローインタビューをさせていただきました。

強力な盟球会打線を2失点に抑える好投をした向井投手


社会人の枠を超えて、歳の差関係なく、学生に戻ったような感覚を味わえるソフトボール大会は、インドならではの楽しみだと思います。他チームとの交流、合同練習等で新しい出会いもあり、ソフトボールはインドでの生活において貴重な財産となっています。

ホームランを含む猛打賞でチームを牽引した加藤選手


和気あいあいとした雰囲気はマハラジャキングスが一番かなと思います。ソフトボール以外のチーム内交流も盛んで、野球も強いが、お酒も強いです(笑)優勝時の食楽特別メニュー、大会の豪華弁当があるのもチームの特典ですね。野球経験者も未経験者も真剣になって、一緒に楽しめており、インドだからこその楽しみがあると思います。

大会総括


全チーム共通して、非常にチームワークが良く、スポーツ、終了後の飲み会を通して、絆を深めているようです。子供から大人まで、年代、年齢、業種の垣根を超えて、和気あいあいとひとつのボールを真剣に追い掛ける姿が印象的でした。選手だけでなく、奥様、お子様、大会関係者も昼間からお酒を飲みながら、お互いのインドライフを情報交換される等、交流を盛んにしており、インドの日本人コミュニティーの親密さが伺える1日でした。



このように、ソフトボールに限らず、インドでは日本人コミュニティーで様々な活動が行われてます。これからインド駐在、就職、転職される方々にとっては、インドでの週末の楽しみ方のひとつとして、より具体的なイメージを湧いていただけたかと思います。
次回は、インドの各サークル活動にフォーカスしますので、乞うご期待!