現役女子大生おすすめ!とっておきのインド屋台5選


インドの街を歩いたらまず目に入ってくるのが屋台!屋台は不衛生そう、辛いものしかなさそうといったイメージがあるかもしれません。でも安くて美味しいインドの屋台には、魅力もたくさんあります。屋台を知れば、インド生活が豊かになること間違いなしです!今回はなかでも、私がおすすめする屋台料理5選と屋台で使えるヒンディー語フレーズを合わせてご紹介致します。それではさっそく行ってみましょう!

とっておきのインド屋台5

.   ターリー

インドといえばまずはカレー!インドのカレー定食「ターリー」はいかがでしょうか?


お昼になると屋台を丸く人が囲み始めます。
(ちなみに上の写真の屋台は当サイト、Paletteを運営しているJAC Recruitment Indiaのオフィスから、徒歩3分程度のところにあります)
 
では勇気を出して、近づいてみましょう!



値段        ₹40~50
辛さ        ★★★☆☆
食べごたえ     ★★★★☆

2~3種のカレー、お米、チャパティ(薄焼きのパン)、ヨーグルトなどセットのものが一般的です。お値段もRs40~と、日本円にして60円程度とかなりお手ごろな価格です。
しかもおかわり自由のお店も多く、じっくりカレーを味わえます。このコスパの高さは、インドでも屋台ならではです!

 

2.パ二プリ


値段         ₹10~30
辛さ         ★★☆☆☆
食べごたえ      ★★★☆☆

日本ではあまりなじみのない食べ物ですが、インドの屋台ではよく見かけるのがパニプリです。
揚げたカリカリの小麦粉生地にジャガイモ、玉ねぎ、ひよこ豆、ソースなどが入ってます。一度は試してみる価値のあるインドB級グルメです!

 

3.モモ

中国の餃子がルーツのモモは、ネパール料理ですが、インドでも出店で見かけることができます。
蒸餃子なので脂っこくなく、食べやすい!ちなみにインドでは、醤油でなくピリ辛ソースで頂くことが多いです。


値段         ₹20~50
辛さ         ★★☆☆☆(ソースが辛いため)
食べごたえ      ★★★☆☆

 

4.チャイ

飲み物で飲み物といったら、やっぱりチャイ!ほんのりスパイスの効いたチャイですが、日本人にも飲みやすい味です。


値段         ₹6~10
甘さ         ★★★☆☆
食べごたえ      ★☆☆☆☆

紙コップまたは素焼きカップ一杯で、日本円にして10円程度が相場です。気軽に楽しめる本場のチャイを、ぜひ試してみてください!

 

5.クルフィアイス

ご飯も食べたし何か甘いものでも食べたい・・・そんな時にはクルフィアイスがおすすめです!


値段         ₹10~20
甘さ         ★★★★☆
食べごたえ      ★★★☆☆

クルフィは牛乳・砂糖・スパイスを煮詰めて冷やしたシンプルなアイスですが、ピスタチオ等のナッツが入っているものもあります。日本にはない濃厚なミルク味はクセになるかもしれません!

これさえ覚えれば大丈夫、屋台で使えるヒンディー語5選!

インドの屋台挑戦してみようかな、と思ったあなたに  、ここで屋台で使えるヒンディー語講座。インドでは英語が公用語とは言え、屋台では英語が通じないこともしばしばあります。
屋台はヒンディー語を使いながら、現地の人々と交流をできる場でもあります。屋台デビューをきっかけに、ヒンディー語を練習してみましょう!
  • キットナ・パイサ / いくらですか?
  • ヤェ・キャー・ハェ/ これは何ですか?
  • ~ディージエー / ~をください
例 チャエ・ディージエー(お茶を下さい)。イェ・ディージエー(これを下さい)
  • トラ/ 少し
インドでは屋台料理に、辛いソースなどたくさん付けてくれることが多いです。そんな時には「トラ」と言ってみましょう!
  • メヘンガー / 高い
リキシャやタクシーに比べ、屋台で値段をぼったくられることは無いでしょうが、万が一「あれ、おかしいな」と思ったら、この一言を言ってみましょう。

 

まとめ

以上インドのおすすめ屋台としてごはんもの、飲み物、デザートを紹介しましたが、いかがでしたか?他にもインドではお昼時の町中などで色々な屋台があるので、自分のお気に入りを探してみるのも良いかもしれないですね!ディープなインドの屋台文化、ぜひ楽しんでみてください。